認知症に重要なのは予防対策です|進行を食い止める

膝をいたわる生活を

膝

具体的な症状とは

変形性膝関節症は、年齢を経ることで膝の関節の軟骨がすり減ったり、骨が変形することで発症する病気です。初期の症状としては、歩き始めた時や立ち仕事をした後などに痛みがあり、関節のこわばりを感じることがあります。また初期でも関節の炎症が酷いと強い痛みを感じたり、腫れることがあります。そして変形性膝関節症の症状が進むに連れて痛みが増し、膝の曲げ伸ばしがしにくくなり、やがて完全に軟骨がなくなってしまうと膝を曲げることはもちろんのこと、歩くことさえ困難になってしまいます。そこで、膝に何となく違和感を感じたら、負担をかけないような生活をすることが大切です。例えば正座をしないこと、杖を使うこと、体重を増やさないようにすることなどです。

膝の関節に有効な栄養成分

変形性膝関節症は、膝の軟骨が減少することで起こります。そこで、それ以上軟骨を減らさないようにすること、若しくは膝の関節に有効な栄養成分を補給して痛みを和らげるようにすることが大切です。食生活では様々な食品をバランスよく、適度な量を食べるようにすることが大切です。まずは、骨や筋肉・血液を作りだす良質なたんぱく質を大豆製品や卵などから取り入れるようにします。また軟骨を丈夫にするビタミンCや骨の成長を促すビタミンAなどのビタミン類も必要です。さらにグルコサミンやコンドロイチンは、軟骨の主成分を作りだす材料となります。そこで変形性膝関節症にならないためにもサプリメントなどで補い、さらに運動療法を行うと効果的です。